忍者ブログ

WEBの王道 実践・レビュー

「ウェブデザイン技能検定」合格への近道!【WEBの王道】

カテゴリー「WEBの王道」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ウェブデザイン技能検定」合格への近道!【WEBの王道】

 





見た目の美しさだけではなくウェブデザインの善し悪しは、

HPを訪れた人にとってストレスを感じさせず、

訪れた人が抱えている課題を解決出来るかどうかのほうが大切になってきます。


ウェブデザインでは見た目の美しさも勿論ですが、次のようなことが理想です。

どんなジャンルでも、
HPではライバルになるHPが多少なりとも存在しています。


これらのライバルを抜いて自分のHPをじっくり読んでもら言う事は大変です。


ライバルに勝つには、見た目の美しさで目を引いて貰うことに他なりません。


ウェブデザインは
HPを訪れた人の第一印象を決めるという大きな役割があります。

このために少しのセンスと美しくみせるための表現テクニックが必要になってきます。


当然、そのための知識・スキルは必須になるわけです。

ウェブデザインは他のメディアに比べると次のような特徴があります。


 


貴方がよく利用しているECショップで考えてみて下さい。

例えば、楽天

 

いろんな店が楽天に出店して、日本でも最大級のショッピングモールになっていますが、 楽天のHPには必ず楽天のマークが入っています。


同じようにAmazonのHPでも どのページを見ても
Amazonのロゴは表示されています。


楽天では決済画面でもロゴマークが表示されています。


ショップのロゴが常にあるだけで、お客さんは安心して
決済処理が行われるものだと思ってしまいます。


それは以前楽天で決済処理を安心して進められたという体験が

信頼を得たと言う事でもあります。

 


貴方のHPに初めてやってくるお客さんは

ちょっとでも他のHPと違うだけでも大きく迷ってしまいます。

 

貴方が思っている以上にお客さんは貴方のHPのことを知らないのです。


お客さんには少し理解しづらい言葉であったり、型番しか載ってい無くて

検索してもお客さんがほしがっているものが 出てこなかったりすると、

簡単に諦めて他のHPに行ってしまいます。

 

初対面で会う人の印象は

 
と言われています。

当然、HPでも同じようなことが言えて、訪問者がHPを訪れて

僅か数秒で印象が 決まってしまいます。


この数秒で「うさん臭い」と感じられたら、そのHPはアウトです。

もう二度と見に来ることはないと考えてもいいと思います。


反対に、この数秒で訪問者の気持ちを惹きつけると、HPを

くまなく見ていってくれる可能性 がやっと出て来ます。


このようにHPでも僅か数秒で印象は決まってしまいます。

 

このHPの第一印象で訪問者がチェックするのはHPの

デザインやタイトル等の見た目でパッと見で判断するものです。

 


そこで・・・

その判断基準の一つとして誕生したのが今回ご紹介する業界唯一の国家資格です。


インターネットスキル認定普及協会、という特定非営利活動法人の団体に

よって提案されているウェブ デザイン技能検定試験。


このウェブデザイン技能検定、
ウェブ業界ではパイオニア的な存在という事をご存知でしょうか。


2007年に、ウェブデザインという職種の、
検定の為の国家資格が厚生労働省によって追加されました。


その国家資格第一号が、ウェブデザイン技能検定なわけです。

ビーズアクセサリーを自宅でつくる!簡単な作り方 藤井誠の2打以内で仕留めるパターテクニック ~グリーン上で3回パターを打つことはもうありません~ フェイクチェリー THE・乱交~♂1対♀複数プレイ、快楽至上主義女量産マニュアル~ 宅建超高速勉強法 日経225で毎月+850円の利益を叩き出す!?TEPPAN225 TS-SD1 28daysニキビ(にきび)改善プログラム


これにより、

 

モテるHPを作る魔法の知識やスキルを
身につけることが出来るようになりました。


仕事として外注・SOHO等に依頼する場合、
資格の有無はどうしても判断材料の一つとなってしまいます 。


雇用する場合でも同じことが言えるのでは無いでしょうか。


日々進歩したインターネットコンテンツ群を見れば、
ウェブデザイン技能検定のような国家試験が発足する事は遅すぎた位です。


HPのデザイン、つまりHPの設計は

何も職業柄にのみ限定されたスキルでは御座いません。


ウェブデザイン関連の業務に従事している方、またその道を目指している方にとっては
自身の能力を証明する場として、
ウェブデザインに関心が高い方にとっては自分の力を試す場として活用できます。


また、ウェブデザイン技能検定に合格すると、
ウェブデザイン技能士と名乗ることができます。


ウェブデザインに関連した資格は、ウェブデザイン技能検定を含めると四つありますが

他の三つは民間資格で、ウェブデザイン技能検定のみが国家資格となります。


既にウェブデザインの必要性は世に知られているとは思いますが、

これから先ますます、発展していく事は間違い御座いません。


そんな次世代を見据えた試験、
国家資格としてもウェブデザイン技能検定は注目されています。


毎年、1.5倍程の受験者の増加があるようです。


どの資格試験にも共通しているのでしょうが、試験問題も

難しくなってくる可能性が高いようです。

 

 

ウェブデザイン技能検定は、即戦力として現場で直ぐに

役立つものでは無いかもしれません。


はっきり言って、この資格が無くても、Webデザイナーの仕事はできます。


しかし、これからWeb業界に就職したい人、転職を考える人、

Webデザイナーを目指す人には、メリットも数多くあります。


世間、とくに企業側は、「国家資格」という言葉に弱い。


履歴書にも自信を持って堂々と記入する事も出来る訳です。

 

 

 

何の経験もない人がWeb業界に就職や転職をする際には強い味方になります。


また、既にWeb業務に就いている、Web関連講師として指導されている人にも

自らのスキルを証明出来るものとなります。


特に、3級ウェブデザイン技能検定は、

Webデザインに関する基本的なことが問われることから、習得した体系的な知識は、

Webデザイナーの仕事をしていく上でのベースとして必ず根付きます。


資格取得のための勉強が、Web業界への就職や転職の入り口となる訳です。

 

くどい様ですが、どんな資格に関しても言える事ですが、

試験は回を重ねることに分野が広くなったり、難易度が高くなる傾向にあります。


ですから、資格を取るなら出来るだけ、早い時期が狙い目になってくるわけです。

 

ウェブデザイン技能士は生まれたばかり数年の資格のため、
正直その認知度も、まだ決して高くは御座いません。


しかし、その受験者数は年々急増しており、
平成22年度から試験会場が一気に増えてきています。

 

PR
  

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
WEBの王道
性別:
非公開

ブログ内検索

アーカイブ

Copyright ©  -- WEBの王道 実践・レビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]